軽い気持ちで判を押して…

実印イメージ

印鑑は大事なものだということは誰もが知っていることです。
印鑑は自筆で書かれた名前の横に押されることで本人がそれに同意しました、という証明になります。
それはたとえ認印だとしてもです。
印鑑を押すという場合、重要な書類である場合がほとんどです。
仕事でなくとも大きな契約時に印鑑が必要な場合も多々あります。
どんな契約書でも、書類でも、印鑑を押したからにはそれは取り消すことができません。

印鑑を持つことの重要性を考えたことがありますか?
何気なく使っている印鑑も一歩間違えれば非常に危険なものに代わってしまうのです。そんなことを考えたことがあるでしょうか。

実印や銀行印というのは意識的に注意して失くさないようにと気をつけている人はいますが、「ここへ印鑑を押してください」というように、銀行や役所で言われたら、おそらく私たちは簡単に言われるがまま印鑑を押してしまうのではないでしょうか。
認印や社印はどうでしょう?認印は日常の使用頻度の高さから、扱い方もさることながら保管の仕方やその判の押し方についても気軽に考えている人は多いのではないでしょうか。
実際、軽い気持ちで判を押したということで、そのあと大変なトラブルに巻き込まれてしまったという人は、実は少なくないのです。
会社の認印だって、そうそう気軽に押すものではありません。
借金を背負わされてしまった人、印鑑を押したことで悪用されてしまった人、財産を奪われてしまった人・・・・こういった事件は身近なところでもたくさん起きているのを知っていますか?

宅配便を装った成りすまし詐欺などもその1つです。
実際こういう話を聞いたり、トラブルに巻き込まれた人は、その後認印でさえ押すのをためらってしまうということもあるようです。

ページの先頭へ