本人であるということの証

印鑑登録イメージ

印鑑登録という言葉は聞いたことがあると思います。
実際行っている人もいると思いますが、きちんと説明できますか?

印鑑登録というのは自分の登録したい印鑑を役場へ持って行き、その印鑑を登録することであなたの『本人であるということの証』になるのです。
このとき登録した印鑑がいわゆる「実印」となるのです。この実印は不動産の購入時、ローン、保険、財産相続など、重要な契約を行う場で使うものです。

実印によって権利や財産が守られているということになるのです。

印鑑登録というのは誰もが出来ることではありません。条件があります。
住民基本台帳に登録されている満15歳以上のひとり一個に限って登録することができるのです。
印鑑の印影は大きさが直径8ミリ以上25ミリ以内の正方形に収まるもので、フルネーム、姓のみ、また名のみのいずれか、氏と名の一部が組み合わされたもの。
そして、ゴム印、プレス印などの変形しやすい素材のものは登録できません。
だいたいこのようなものですが、各市町村によってその条件が異なってくるので確認が必要です。
また、法人の印もいろいろと制約があります。認印としての社印でもいろいろとあるのです。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録証というカードが交付され、このカードがあることで実印をわざわざ持ってこなくても印鑑証明書を発行してもらうことができるのです。
この印鑑登録証を持参するのは代理人でもかまいません。登録者の住所や氏名、生年月日が分かれば交付してもらえるのです。これはちょっと危険なことでもあります。
他人に分からないように免許証、保険証などの身分証明などと一緒に保管することは避けたほうがいいでしょう。

ページの先頭へ