印鑑と日本の歴史

イメージ画像

日本人なら誰もが持っている印鑑。
100円ショップなどでも買えてしまう印鑑ですが、昔は権力の象徴だったのです。
日本の歴史に詳しくなくても、日本で一番有名なはんこといえば「漢委倭国王の金印」だということを
知っている人は多いでしょう。
1784年に福岡県で発見されました。はるか昔に漢という国からいただいたものです。

戦国時代には戦国武将が権力を持ち始め、その権力を見せつけるための独特のはんこをつくっていました。
織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などの印鑑はきっとどこかで見たことがあるかもしれません。
このはんこを使って重要な書類や大事な仕事には必ず使用するものになりました。
はじめは、家紋をはんことしていたようですが、だんだん独特のデザインへと変わったようです。
こうやってみると、会社のはんこのようですよね。
戦国大名は一国の主であり、今でいう会社の社長のようなものですね。
大名の持つはんこは今でいう会社の実印のようなもの。代表印のようなものでしょうか。
それが印鑑の需要が増え、会社銀行印や社印などができたのでしょう。

それから時代が進み、一般の人が印鑑を持つのは明治時代。
本人確認をするためには名前と印鑑を併用することが義務化されたのが始まりでした。
国民にとって印鑑を持つということは嬉しいものだったようです。

今では誰もが持っている印鑑にも歴史があるんですよね。
そういったことを考えると、大事に使わなくちゃいけないなと思います。
日本では印鑑社会で、印鑑の効力というものはとても強いものです。それだけ危険も隣り合わせだということですから。

このページの先頭へ